第2回エフワングランプリ使用パーティ・パーティ作成チャート

f:id:meikaizerogin6y:20190501233153p:plain


2019/4/29(月)に開催された、第2回エフワングランプリに参加しました。

ルールはウルトラサンムーンのロムによるRTAで作成したパーティでのダブルバトルです。詳細についてはこちら↓

http://pokemon.funyafunya.net/%E3%82%AA%E3%83%95%E4%BC%9A/74.html#comment-77

対戦の結果は予選すばらしいブロックを7-0で1位通過、決勝トーナメントを3-0で優勝することができました!

全勝優勝ということでこの上ない結果にとても満足しています。

当日はクイズによるブロック分けがありましたが、そちらも1位を獲得することができて嬉しい限りです。

様々な方のRTAチャートやパーティを見て楽しむことができた他、2次会も含めて多くの方とお話して交流することができました。

主催、スタッフの皆様、対戦して下さった皆様、お話して下さった方、ありがとうございました!

以下、パーティの詳細やチャートについて記します。

 

 

【概要】

 

ルールは、「ポケットモンスター ウルトラサン」及び「ポケットモンスター ウルトラムーン」を用いた野生産ダブルバトル

まずボックスを1つ空にして、手持ちに「計測用のポケモン」を1匹用意した状態でポニ島のバトルツリーのパソコン前からスタートして1時間でパーティを作成してダブルバトルで戦う、というものです。

「各ROMで入手個体数が制限されているポケモンの捕獲」「オフ会中にタマゴを孵化させる行為」「外部通信」「ふしぎなおくりものでポケモンを受け取る行為」「乱数調整」等は禁止されています。

使用できるポケモンは野生のポケモン、入手個体が制限されていないウルトラビースト、ウルトラホールで出現するポケモン、島スキャンで入手できるポケモンということになります。ウルトラビーストの中でも入手個体数に制限のあるズガドーンツンデツンデは使用禁止です。

まずウルトラサンムーンで出現するポケモン一覧を見ながら、どのようなパーティが強いのか考えてみることにしました。

 ペリッパーの入手が容易であるため作成しやすく、メガラグラージキングドラ、ルンパッパなど強力なエースもいる今回のトップメタであると考えられる雨パーティ、メガリザードンYが強力で「ふんか」は覚えないですがコータスを使用し「トリックルーム」を絡めて戦い、ドレディアダーテングといったエースも存在する晴れパーティ、カバルドンバンギラスが使用可能で昼ルガルガンがいる砂パーティ、入手しやすいヤドラン、ヤレユータン、メレシーなどを使った「トリックルーム」を軸としたパーティなどが考えられました。その他、単体で軸となりやすそうなジャラランガメガメタグロス、メガギャラドスなど、補完として強力そうなギルガルドロトムゲッコウガなどが入手しやすく、強力だと考えました。

その中で、自分ではペリッパー+ルンパッパを軸とした雨パーティを使うことに決めました。選択の理由としては、様々なギミックが考えられる中で素早いルンパッパによる「ねこだまし」とペリッパーの「おいかぜ」で幅広い相手に戦えるということと、補完としてメガクチートを採用するとパーティがきれいにまとまりそうだと感じたためです。

特にメガクチートはこのルールで使用可能なメガシンカの中でもリザードンメタグロスと並んで強力なポケモンだと思っており、雨によって弱点を減らせるなどパーティ全体に与える恩恵が大きいポケモンだと感じたので、ペリッパー+ルンパッパ+メガクチートを軸として考えることにし、選出パターンに応じて適したポケモンを考えるようにしました。クチートの入手が容易であることも大きな魅力の1つです。

その他の補完として採用するポケモンですが、まず素早いアタッカーであり、決定力が出せてペリッパーの「おいかぜ」の恩恵を受けながらルンパッパと戦えるようなポケモンを探したところ、デンジュモクが良さそうだと感じたため、ペリッパー、ルンパッパ、メガクチートデンジュモクという並びを基本選出としました。また、メガクチートは「トリックルーム」下で攻撃を続けられれば簡単に相手を制圧できるほどのパワーを持ったポケモンであると感じたため、「トリックルーム」を覚えるポケモンを探しました。そんな中でもジャラランガエスパータイプで打点があることに加え「さいはい」でメガクチートをサポートしやすいヤレユータンが強いと思い、ペリッパー、ルンパッパ、メガクチートヤレユータンという選出でも戦えるようにしました。この並びはペリッパーとルンパッパを出さない場合、もしくはどちらかしか選出しない場合に選出するポケモンとして適しているポケモンを探したところ、カビゴンが良さそうだと思ったので6匹目として採用し、これらの内訳を考えていくことにしました。

採用するポケモンはなるべく出現率の高いポケモンとし、安定して素早くパーティ作成が行えるようなポケモンにしています。

ペリッパー:ポニの険路(25%)

・ルンパッパ:ウルトラワープライド、ハスブレロ(1/4、25%)

クチートテンカラットヒル(30%)

デンジュモク:ウルトラワープライド

ヤレユータン:シェードジャングル、動く草むら(30%)

カビゴン:1番道路、ゴンベ(10%)

出現一覧及び出現率は以下のサイトを参考にしました。

https://yakkun.com/sm/usum_map.htm

ゴンベの10%以外は比較的容易に入手ができると考えました。そこで、ゴンベが入手できなかったパターンとして、別のポケモンを捕獲するというルートも組みました。

以下、個別解説です。その後RTA事前準備とチャートの解説と続きます。

 

 

【個別解説】

 

f:id:meikaizerogin6y:20190501150139p:plain 

ペリッパー@しめったいわ@あめふらし

ぼうふう・ねっとう・おいかぜ・まもる

ひかえめ HC252振り 余りS 

パーティのスタート地点。ペリッパーを軸とした理由は、このルールにおいて強い電気タイプが少ないと感じ、通常のルールと比べて1撃で倒されることは少ないのではないかと考えました。そのため「おいかぜ」を覚えさせてルンパッパのサポートに回れば非常に強力で、軸としてのスペックは十分にあるものだと思いました。それだけではなく雨状態の「ぼうふう」や強化された「ねっとう」は命中率100%であり扱いやすく、「トリックルーム」を組み合わせれば自らアタッカーとしての運用も可能であるなど、単体性能も見逃せません。

配分については「きあいのタスキ」を持たせてCSベースでの運用か、「しめったいわ」を持たせてHCベースでの運用にするか迷いましたが、このパーティではミラーにおいてもペリッパーを選出する機会が多いと考え、相手のルンパッパが最速だった場合に「エナジーボール」を高い確率で2発耐えることから、対ルンパッパとしての性能が魅力的だったためHCベースでの運用としました。特攻が高いことによってこのパーティが苦手としやすいジャラランガへも大ダメージを与えられるため、Cは高めに設定したいです。持ち物の「しめったいわ」については雨パーティ以外と戦うときに重宝し、特にパーティ全体が雨状態の恩恵を強く受けることから有用と判断したため持たせることにしました。

オフにおいてもHCベースで「しめったいわ」を持たせたことが功を奏した場面は非常に多く、アタッカーとしてもサポーターとしても優秀で大活躍でした。不意の電気タイプの技を受けることもありましたが「きあいのタスキ」の必要性がある場面は少なく、HCベースで十分に活躍することができました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20190501151256p:plain

ルンパッパ@ミズZ@すいすい

ハイドロポンプエナジーボールれいとうビームねこだまし

ひかえめ CS252振り 余りD

 パーティの軸。「すいすい」が発動している状態での「ねこだまし」であらゆる相手への妨害が可能な点が魅力でした。本来であれば水タイプが苦手としやすいトリトドンウォッシュロトムなどにも草タイプでダメージを与えやすいことから攻撃範囲的にもエースとしての性能は抜群です。サブウェポンとして「れいとうビーム」を覚えさせ、ボーマンダジャラランガへ弱点を突くことで倒しやすくしています。

攻撃技は威力を重視したものを選択。「ハイドロポンプ」は命中率こそ不安定ですが、雨状態でなくても大きな威力が出る点が魅力的でした。半減などされなければ、雨状態での「ハイドロポンプZ」は殆どのポケモンを1撃で倒せ、雨状態でなくとも「ハイドロポンプZ」であまり耐久力が高くないポケモンを1撃で倒せることが多いと思ったのでこの技は他の命中率が高い技よりも優先して採用したいと感じました。

性格はCに補正をかけてエースとしての運用をしやすくしました。ミラーでも多く繰り出すことを考えるとS補正も魅力的でしたが、Cに補正をかける恩恵が多いと感じたため「ひかえめ」での採用としました。

オフにおいても、ペリッパーを選出しない試合にも出して「ハイドロポンプZ」で勝負を決めるなど火力が役立った試合が多かったです。「れいとうビーム」を撃つ機会も多く、技選択については概ね噛み合っている印象でした。ただし「まもる」を覚えさせていないことからメガクチートの「ふいうち」など先制技に対する警戒は必要で、残りHPの管理は慎重に行いました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20180625214604p:plain

メガクチートクチートナイト@いかく→ちからもち

じゃれつく・ふいうち・いわなだれ・まもる

HA252振り 余りD 

 

パーティの軸の1匹。雨状態で炎タイプの威力を軽減しつつ、「いかく」によって相手の攻撃力を下げてルンパッパの行動回数を増やせ、ルンパッパの弱点の全てに耐性があるなど、ペリッパー、ルンパッパと非常に相性が良いポケモンです。ルンパッパが特殊打点を担うので物理打点を担うなど、攻撃面での連携も重要です。

後述のヤレユータンによる「トリックルーム」と「さいはい」での動きで勝負を短時間で決める手段として全体技である「いわなだれ」が強力なので採用しました。相手が倒れてない場合でも追加効果が非常に強力です。

それ以外の技はヤレユータンを選出しない場合に強い「ふいうち」と「まもる」を覚えさせました。特殊技で1撃で倒されてしまうことが多いため、こちらの択を増やすという意味でも「まもる」は重要で、先制技である「ふいうち」も同じく必要であると判断しました。メインウェポンは汎用技である「じゃれつく」を選択。「アイアンヘッド」との選択でしたが、ジャラランガに対して有効である点を評価して「じゃれつく」を優先させました。

オフでは基本選出として多くの試合で選出し活躍しました。「まもる」が重要だった試合も多く、全ての技を満遍なく使った印象です。ただこの構成だと相手のクチートが気がかりで、「アイアンヘッド」が欲しい場面は多く、クチートのKPが高かったことは反省点だったかも知れません。

 

f:id:meikaizerogin6y:20190501154613p:plain

デンジュモクこだわりスカーフ@ビーストブースト

かみなり・ボルトチェンジエナジーボールマジカルシャイン

ひかえめ CS252振り 余りH

ルンパッパと攻撃面で連携し相手を制圧するための高速アタッカーが必要でした。その中でもメガリザードンYを1撃で倒せる「こだわりスカーフ」を持ったデンジュモクに魅力を感じたため採用しました。D135メガリザードンYに対して「ボルトチェンジ」で146~174ダメージ入るため、高い確率での勝負を挑むことが可能です。「ボルトチェンジ」は天候操作するパーティにおいては相性が良く、リザードンバンギラスが入っているパーティに対しても繰り出して天候を雨状態にすることを意識しながら戦うという選択肢も取れます。Lv50であるにも関わらずC247もあり、その状態で雨状態の恩恵を受けた必中の「かみなり」を使い続けることができれば追加効果や特性も相まって非常に決定力が高いと感じ、基本選出を担うのに十分なエースとして戦えるのではないかと思いました。「かみなり」の威力はD115メガクチートへの最大ダメージが157出るほどです。これらの火力に魅力を感じたため性格補正は「ひかえめ」を選びました。

攻撃範囲も優秀で、「エナジーボール」でラグラージトリトドンへ大ダメージを与えられます。最後の技には「マジカルシャイン」を覚えさせ、ジャラランガへの有効打としました。

オフでは「ボルトチェンジ」を使って相手に削りを与えてルンパッパを活躍させたり、リザードンを倒す役目をこなすなど、「かみなり」で制圧することこそありませんでしたが、想定通りの活躍を見せました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20170711000807p:plain
ヤレユータン@メンタルハーブ@せいしんりょく

サイコキネシス・さいはい・トリックルーム・まもる

ひかえめ HD252振り 余りB

トリックルーム」によりクチートを動かしやすくすることが役目のヤレユータンの採用です。ヤレユータンを選んだ理由としては入手のしやすさもそうですが、他の「トリックルーム」要員と違って苦手としやすいギルガルドからの「シャドーボール」が無効であること、特性「せいしんりょく」で相手の「ねこだまし」による妨害を受けないこと、「さいはい」によって自らはサポート要員に徹した場合でもパーティとしての決定力不足になりづらいことなど、ヤレユータンにしかない要素がたくさんあるためです。

技についてはコンセプトである「トリックルーム」と「さいはい」の採用をまず決定させ、次に「まもる」を覚えさせました。これは初手でデンジュモクヤレユータンと並べてデンジュモクで「ボルトチェンジ」を使ってクチートに交代しながらヤレユータンで「トリックルーム」を使う動きが強力なのでそれを狙う際、相手の手持ちに「ねこだまし」を使うポケモンがいてデンジュモクが1ターン目に止められてしまって想定通りの動きをしづらい場合に1ターン遅らせるのに重宝すると感じたため採用しました。最後の技には「サイコキネシス」を採用しました。これにより「トリックルーム」中も自ら攻撃に参加することで相手へ削りを与えるという選択肢が取れる他、ジャラランガへ大ダメージが期待できます。

配分についてはクチートの「いかく」の恩恵を受けるため物理耐久はそれで十分と判断し、D方面に厚く寄せました。これによりジャラランガの「ブレイジングソウルビート」で受けるダメージを少しでも軽減することを狙います。

持ち物については悩みましたが「メンタルハーブ」を選択。サポート要員に徹するため1度でも「ちょうはつ」を受けてしまうと動きづらくなってしまうことから対抗策として用意しておけば立ち回る際窮屈にならないことに期待しました。他には集中攻撃ですぐに倒されないようにするため「オボンのみ」も選択肢でした。

ここまでの5匹でジャラランガに対して有効打を持たせるようにすることで、少しでも「ブレイジングソウルビート」で制圧されることを防ぐようにしています。それだけジャラランガというポケモンに対してこのルールにおける評価が高く、また多く使われるだろうと想定しました。

オフで選出したのは1試合のみでしたが、「ねこだまし」を恐れず「トリックルーム」から展開させることができて勝利に貢献したので、ヤレユータンを選択したメリットが大きかったです。ただし、「メンタルハーブ」を持たせているため攻撃技の採用による優先順位はそこまで高くなく、また「まもる」も「ねこだまし」によってひるまないことから不要である場面がよく想定できたため、技の選択については再考の余地があるとも感じました。「ちょうはつ」、「イカサマ」、「サイドチェンジ」、「はたきおとす」など優秀な技を数多く習得できます。 

 

f:id:meikaizerogin6y:20180527211441p:plain
カビゴン@こだわりハチマキ@あついしぼう

おんがえし・10まんばりき・ほのおのパンチ・いわなだれ

HA252振り 余りD

ここまでの5匹である程度の並びは決まっていたので、最後に採用するポケモンは補完であり、求められた条件は「ミラーで出しやすいこと」「トリックルーム中に使いやすいアタッカー」が良いと感じたため、出現するポケモンを探したところカビゴンが目に留まりました。更にカビゴンは特性「あついしぼう」を持つためパーティ全体で意識しなければならないメガリザードンYラプラスと戦いやすいというメリットがあり、パーティにマッチしていると考え採用することにしました。

トリックルーム」中のアタッカーであるという長所を活かすために「こだわりハチマキ」を持たせてアタッカーに専念させることとしました。技についても攻撃面での補完をしたいため、メインウェポンである「おんがえし」をまず決定させた後、苦手なメガリザードンYに対して強い「いわなだれ」、カミツルギテッカグヤに対して使う「ほのおのパンチ」、クチートギガイアスバンギラスなどにまとめて弱点が付けて相性の良い「10まんばりき」を覚えさせました。

配分についてはHAベースとしました。総合的な数値を鑑みればAB振りにしたいところですが、RTAの都合上時間が足りないと感じてHA振りで妥協しました。役割的にはAD振りも選択肢です。

オフではミラーもよく発生したことから選出回数は想定に反してとても多く、「トリックルーム」を使わずとも数値の高さによって、補完として非常に優秀な動きを見せました。ただし、「10まんばりき」はバンギラスへの遂行を早めるために「かわらわり」か「ばかぢから」にすべきだったとオフでの試合を終えて感じました。

カビゴンを使うネックとしてはゴンベの出現率が10%と低いということ。そのためゴンベがなかなか出現しなかった場合は以下のポケモンで代用するようチャートに記載しました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20170319102402p:plain

アローラベトベトンとつげきチョッキ@どくしゅ

ダストシュート・ほのおのパンチ・かわらわりいわなだれ

HA252振り 余りD

カビゴンに比べると圧倒的な数値の低さが目立ってしまいますが、ミラーに繰り出していける点と攻撃範囲の補完という点においては優秀です。アローラベトベターはマリエシティのはずれで30%で出現するため入手が容易です。

 

 

RTA事前準備】

 

ヤレユータンの出現があるためロムはウルトラムーンを用意します。シナリオはRR団まで終わらせ、メガシンカができる状態にしておきます。

・計測用のポケモンとしてミュウを選択。特性「シンクロ」により限られた数のポケモンの性格を合わせやすくなる他、「みねうち」による捕獲のサポートが優秀です。「シンクロ」と「みねうち」を両立できるポケモンはミュウしかおらず、更に数値が高く捕獲の際デンジュモクに倒されづらいのが大きなメリットです。

f:id:meikaizerogin6y:20190501223326p:plain

ミュウ@クラボのみ@シンクロ

あくのはどう・みねうち・みがわり・サイコキネシス

ひかえめ 401(248)-268(248)-236-259-241(20)-236

・野生のデンジュモク(Lv60)の【+2】【エレキフィールド】「ほうでん」を2発耐え

・余りA

あくのはどう」は後述の努力値を振るポケモンに対して弱点及び半減のエフェクトなしで倒せる技で接触しない点を評価して採用。PPは全て増やしておきます。「みねうち」は野生のポケモンを捕獲するための技として。「みがわり」は努力値を振る際に相手から受ける補助技や能力変化を受け付けずスムーズに倒せるため。「サイコキネシス」は予期せぬ戦闘で相手を倒さなければならない場面があった場合の保険として覚えさせておきます。デンジュモクの「ほうでん」で麻痺してしまったときの保険として「クラボのみ」を持たせました。
ミュウの性格は「ひかえめ」として、パーティの主軸であるペリッパー、ルンパッパ、デンジュモクの性格を合わせます。ヤレユータンはBDが下がっていない性格なら何でも良いと感じたため、ヤレユータンもシンクロで「ひかえめ」にします。ペリッパー、ルンパッパ、デンジュモクは「ひかえめ」が出るまで捕獲を続けますが、ヤレユータンは「ひかえめ」でなくてもBとDが下がる性格でなければ妥協することとします。クチートはAが下がらない性格とし、カビゴンは性格については考慮しません。

・「クイックボール」「リピートボール」「ウルトラボール」(念の為各30コ程度)、捕獲で時間がかかったときの保険として「マスターボール」を用意(6コ)。

・特性を厳選している時間は無いため「とくせいカプセル」を用意(デンジュモク以外用、5コ)。

・「ビビリだま」を用意(5コ)

・「みっけポン」を用意(6コ)

・「つかまえポン」を用意(6コ)

・「なつきポン」を用意(1コ)

・必要な技のPPを増やすため「ポイントマックス」を用意(24コ)

・BP(最低8。カビゴンの「ほのおのパンチ」用)

ハスブレロをルンパッパに進化させるための「みずのいし」(1コ)

・技を覚えさせるための「ハートのウロコ」(ハスブレロの「ねこだまし」、クチートの「じゃれつく」、「ふいうち」、ヤレユータンの「さいはい」、カビゴンの「10まんばりき」)で最低5コ

・ゴンベを進化させるための「やすらぎのすず」(1コ)

・ゴンベを進化させるため、及び捕獲の際に入った努力値をリセットするため「ザロクのみ」「ネコブのみ」「タポルのみ」「ロメのみ」「ウブのみ」「マトマのみ」を用意(各2コ+ゴンベ進化用で18コ)

努力値を振る際、ミュウの技PPを回復するため「ヒメリのみ」(6コ)

・ミュウのHPを回復させるための「かいふくのくすり」(6コ)

・ミュウが倒れてしまったときの「ふっかつそう」(6コ)

デンジュモクハスブレロのLvは60、ペリッパーの最低レベルは58、最低でもこの3匹はLv100にして「きんのおうかん」を使いたいため「ふしぎなアメ」最低122コ用意。クチートも可能ならLv100にしたい、最低出現Lv11なので+89コで211コ(努力値を振っている間にLvが上がる可能性があるが、念の為)。更に時間があればカビゴンのLvも上げたい、最低出現Lv11なので+89コで300コ、時間は無いと思われるがヤレユータンも同様に最低出現Lv19なので+81コで381コ用意してあることが望ましいです。

・「きんのおうかん」(最低3コ、可能なら6コ)

・「マックスアップ」(33コ)

・「タウリン」(16コ)

・「ブロムヘキシン」(1コ)

・「リゾチウム」(16コ)

・「キトサン」(11コ)

・「インドメタシン」(17コ)

・「パワーウェイト」(4コ)

・「パワーリスト」(2コ)

・「パワーレンズ」(3コ)

・「パワーバンド」(1コ)

・「パワーアンクル」(2コ)

・上記のアイテムの数はあくまで最低必要個数であり、不測の事態に備えるため特に簡単に手に入るものは多めに用意しておき、レベルを上げて技を覚えるなどで「ハートのウロコ」が当初予定数より少なくなるなど、個数の変動もあり得ることを把握しておきます。

・必要のないアイテムはボックスのポケモンに持たせるか別ロム等に動かす等して可能な限りバッグの中を減らしておき、カーソル移動にかける時間を減らします。

・アイテムの購入が必要な場合があるため、お小遣いも100万円近く用意しておきます。

・実際のパーティで持たせるアイテム「しめったいわ」「クチートナイト」「メンタルハーブ」「こだわりスカーフ」「こだわりハチマキ」「とつげきチョッキ(保険用)」

・野生のポケモンが出現したときの新発見エフェクトを回避するためにアローラ図鑑は完成させておきます。

・敵トレーナーとの戦闘になると大幅な時間のロスになるため、トレーナーは全て倒しておきます。

・技マシンが無ければ覚えさせられない技があるため、技マシンは全て回収しておきます。

・ウルトラワープライドの際、初到達のムービー(?)を回避するため、全てのウツトラワープライドでのみ行ける場所には予め到達しておきます。

・ウルトラワープライドで青の穴に入った際、低確率で伝説のポケモンを引かないように、最低でも青のウルトラホールに出現する伝説のポケモンは全て捕獲しておきます。

・すごいオヤジのすごいとっくんの説明短縮のため、1回は話しかけておきます。

・ミュウにポケルスをつけることを忘れないようにしつつ、オフ当日の日付が変わったときにつけておき、必ずオフ当日にポケルスが消えることの無いようにしておきます。

・以上で下準備は終了です。

 

 

RTAチャートと解説】

 

・ポニ島のバトルツリーのパソコン前からスタート、「みっけポン」を使用します。以降、「みっけポン」は切れるたびにすぐに使用することを心がけます。下のポニの険路にケンタロスに乗って移動し、ペリッパーが出現したら捕獲。1匹のポケモンと出会って逃げるのに20秒要するので1分30秒程度を想定。

ペリッパーの出現場所は他にもありますが、バトルツリーからポニの険路が近いこと、出現レベルが高いため「ふしぎなアメ」を使う時間を短縮できることが、出現率が数%低いことのデメリットがあっても、優秀なメリットだと感じたためポニの険路で捕獲することとしました。出現したらすぐに「クイックボール」を投げます。1発で捕まらなかった場合は「つかまえポン」を使用し「みねうち」2回で攻撃してから「リピートボール」を投げます。以下のポケモンも同様にこの方法で捕まえます。ちなみにLv61のペリッパーが1ターン目のクイックボールで捕まる確率は40%程度、「つかまえポン」を使用してからHP1にし「リピートボール」を投げれば100%の確率で捕獲できます。

ペリッパーを捕獲したら、性格が「ひかえめ」であることを確認して月輪の祭壇へ飛びます。「ひかえめ」でなかった場合はもう一度エンカウントして捕獲します。

・ウルトラワープライドでデンジュモクハスブレロを捕獲します。ここが第1関門です。ワープライドで3000~4000光年で輪つきの白い穴に入ればウルトラプラントにたどり着けます。おおよそ1回2分程度を要しますが、これを安定させるためには相当の試走が必要でした。フェローチェテッカグヤに出会ってしまうこともあるためその際はやり直しとなり、相当な時間のロスとなります。デンジュモクに出会うことができれば、デンジュモク前でレポートを書き、「つかまえポン」を使い、ミュウで「みねうち」を2回使いつつ「ウルトラボール」を使えばかなり高い確率で捕獲することが可能です。急所などでミュウが倒れてしまった場合は時間のロスを防ぐため「マスターボール」を使います。捕獲した後、性格が「ひかえめ」であるかを確認し、そうでなければリセットして捕獲するまでやり直します。デンジュモクを捕獲するまでの1連の行程を5~6分で終わらせることができればかなり後が楽になります。1回失敗しても2回目では出したいと考えれば所要時間は11分程度ということになり、ここを失敗してしまうとかなりの時間ロスに繋がるため、慎重に行わなければなりません。

併せて、ウルトラワープライドでハスブレロを狙います。青の穴に入れば1/4(25%)の確率で出現します。おおよそ1回の試行回数につき1分30秒程度なので、6分程度で捕獲できれば良いです。シンボルエンカウントする前にレポートをしてから捕獲に臨み、捕獲した後性格が「ひかえめ」でなければリセットし捕獲して「ひかえめ」が出るまで粘ります。ハスブレロの捕獲手順はペリッパーと同様で、「クイックボール」を投げて、クイックボールで捕まらないようなら「つかまえポン」を使用し、「みねうち」を使った後に「リピードボール」で捕獲です。1ターン目の「クイックボール」で捕まる確率は80%程度です。デンジュモクを捕獲しにいく際、4000光年以上となり、テッカグヤの出現が想定される場合は青の穴へ入ってハスブレロを狙うよう、順番を前後することも選択肢として重要です。デンジュモクハスブレロの両方を捕獲できたらシェードジャングルへ飛びます。ミュウがひんしの場合は「ふっかつそう」を使います。

・シェードジャングルの動く草むらでヤレユータンを狙います。出現確率は30%、アママイコが70%です。ヤレユータンの性格はBDが下がっていなければ良いので「ひかえめ」でも良いと判断し、先頭はミュウのままにしておきます。出現したら他のポケモン同様に捕獲し、性格はBDが下がっていない性格なら何でも良いこととします。捕獲率はほぼペリッパーと同じです。ヤレユータンを捕獲したら先頭をミュウからハスブレロに変え、ポケルスが2匹に感染するように配置してテンカラットヒルへ飛びます。1回のエンカウントで20秒ほどなので、1分30秒程度での捕獲が目安です。

テンカラットヒルの洞窟内でクチートを捕獲します。出現率は30%程度。捕獲率はペリッパーとほぼ同じなので同様の手順で1分30秒以内での捕獲を目指します。ただしクチートは選出回数が多く、パーティでも肝となるポケモンの1匹なので、性格は2回程度粘って良い方にし、Aが下がる性格の場合はやり直します。そのためクチートへの所要時間は想定の2倍、3分程度を見込みます。クチートを捕獲したら手持ちのポケルス感染状況を見て配置を変えつつ、リリィタウンへ飛びます。

・リリィタウン下のケンタロスで岩を壊した先の草むらでゴンベを狙います。草むらへ到着するまで約30秒。出現率は10%しかなく、捕獲率もペリッパーより少し高い程度なのでペリッパーの3倍近く時間はかかると見て5分程度を想定します。第2関門です。7~8分程度かかってもゴンベを捕獲できない場合は(試走でありました)、諦めてアローラベトベターを捕獲するためにトレーナーズスクールへ飛びます。ちなみに以下のチャートで行うカビゴンの準備は全てアローラベトベトンに置き換えても成立します。ゴンベは性格を粘るのが大変なのでどのような性格であっても妥協します。

・全てのポケモンを捕獲したら1度レポートを書きます。ここまでで30分まで使うことを想定します。遅かった場合は焦ります。

・まずやることはポケルスの感染確認。この時点での感染ポケモンが多ければ時間の節約になります。努力値振りとポケルス感染作業は別で行います。ポケルスの感染確率は1回の戦闘で約1/3、1回のエンカウントに使う時間が20秒くらいなので1分程度と考えます。努力値振りと同時に行うと努力値を下げる手間がかかり、それが1分以上かかると考えたためです。ここが第3関門で、時間のロスとなる危険性があります。

努力値振りの前に、ゴンベをカビゴンに進化させます。「なつきポン」を使い、まず「やすらぎのすず」を持たせ、下記のドーピングアイテム「マックスアップ」「タウリン」を使った後、努力値を下げるきのみを使い続けます。ドーピングアイテムなしの場合はきのみ18コでなつき度がMAXになるので、努力値を振るときのレベルアップ分で進化させることができます。それが終われば他のポケモンにドーピングアイテムを使い、努力値振りに入ります。

努力値振りの際、252振りする部分は以下の部分。

ペリッパー:HC・・・マックスアップ、リゾチウム

ハスブレロ:CS・・・リゾチウムインドメタシン

デンジュモク:CS・・・リゾチウムインドメタシン

クチート:HA・・・マックスアップ、タウリン

ヤレユータン:HD・・・マックスアップ、キトサン

・ゴンベ:HA・・・マックスアップ、タウリン

まず252振りする部分へのドーピングアイテムを8コ使います。該当10コに加えて5連鎖の180と併せて252振りを目指します。

次にポケモンを捕獲する際に入った経験値を下げるためにきのみを使います。

デンジュモク:C3・・・ロメのみ

ハスブレロ:D2・・・ウブのみ

ヤレユータン:D2・・・ウブのみ

クチート:A1B1・・・ネコブのみ、タポルのみ

ゴンベ:H1・・・ザロクのみ

複数匹捕まえる可能性もあるので基本的には能力が下がらなかったという表記が出るまで使い続けます。終わったら野生のポケモンを倒すために努力値を振ります。先頭はミュウ、「みっけポン」を使用した状態で「ビビりだま」を使い連鎖をしていきます。色違いが出た場合は悲しみながら倒します。当然ながらここが最後の関門で、かかる時間に運が大きく絡む場面です。「みがわり」で減ったHPは「かいふくのくすり」で都度回復させます。「たべのこし」を持たせるよりは「かいふくのくすり」で都度回復させた方がエフェクト的に時間の節約になると感じたためそうしています。

H・・・リリィタウン下から左の草むらでキャタピー

A・・・オハナ牧場でドロバンコヨーテリーでも良いがLv15なら逃げる)

C・・・浜辺の洞穴でコダック

D・・・ハノハノビーチでメノクラゲ

S・・・5番道路、シェードジャングル下、の土煙でアローラディグダ

該当箇所の「パワー系」を持たせるのを忘れないようにします。

基本的にはミュウで「みがわり」を使い、「みねうち」でHP1にして、「ビビりだま」を使い、「あくのはどう」で倒しながら連鎖していきます。1つ努力値を振り終わるごとに「ヒメリのみ」で「あくのはどう」のPPを回復させてカウントしやすくさせます。

余りの努力値はドーピングアイテムを使います。

ペリッパー:S・・・インドメタシン

ハスブレロ:D・・・キトサン

デンジュモク:H・・・マックスアップ

クチート:D・・・キトサン

ヤレユータン:B・・・ブロムヘキシン

・ゴンベ:D・・・キトサン

努力値を振り終わったら、まずアーカラ島のサーフィンスポットへ行き、カビゴンへ「ほのおのパンチ」を覚えさせます。次にハウオリシティショッピングエリアへ飛び、すごいオヤジの前へ行きます。レポートを書き、ペリッパーハスブレロデンジュモクの順番に「ふしぎなアメ」を使い、Lv100にします。この3匹に「ふしぎなアメ」を使ってすごいとっくんをするのにかかる時間は約7分15秒。クチートヤレユータンカビゴンをLv100にしてすごいとっくんをするには1匹あたり約4分近くかかります。努力値を振った後の残り時間を見て、どのポケモンにすごいとっくんをするかを決めて「ふしぎなアメ」を使っていきます。レベルアップの途中で覚える技は使う技であっても覚えさせず、計測時間終了後に「ハートのウロコ」を使って覚えさせるようにすれば時間の短縮に繋がります。

・最後に余裕があればポケモンにニックネームを付けます。6匹につけるニックネームは予め決めておきますが、つけるのにかかる時間はおよそ2分30秒程度です。

 

 

計測時間が終了したら、ラナキラマウンテンのポケモンセンターへ入り、ハスブレロの進化、特性を使用するものに合わせるために「とくせいカプセル」を使用、「ハートのウロコ」や各種技マシンを使って技を覚えさせます。カビゴンの「おんがえし」が威力最大になるかどうか、念の為なつき度が最大であるかを確認します。そしてもう一度技や配分等が合っているかを確認して間違いがないようにします(持ち物・技・特性は特に慎重に確認!)。

全て合っていたらパーティ完成!お疲れ様でした。

 

 

【実際のオフでは】

 

6匹全てをLv100にするだけの「ふしぎなアメ」を集めることはできなかったものの、それ以外の準備を済ませ、本番もチャート通りに進めました。ペリッパーの入手にやや時間がかかりましたがデンジュモクは1回のワープライドで出現、ハスブレロは2回目で出現、ヤレユータンは2回目のエンカウントで「ひかえめ」を捕獲することができ、クチートは5回のエンカウントで2匹捕獲し、「まじめ」と「わんぱく」だったので「わんぱく」の個体を採用。ゴンベはなんと1回目のエンカウントで出現し、性格も「やんちゃ」であるなど文句無し。かなり上振れていました。努力値も順調に振ることができて、「きんのおうかん」はペリッパー、ルンパッパ、デンジュモククチートまで使用して6匹全てにニックネームをつけることまでできました。

完成した並びは以下の通りです。

f:id:meikaizerogin6y:20190501232628j:plain

おおよそ理想に近いパーティが完成したので、後は立ち回りを間違えないように対戦に集中するのみです。

会場では性別を厳選していた方もいましたが、自分は(ニックネームとのシナジーは気になりましたが)性別までは厳選しませんでした。

以下は実際の対戦での選出等です。

 

 

⬛1回戦

相手:ラグラージペリッパー、ルンパッパ、デンジュモクカミツルギスワンナ

相手選出:ルンパッパ、デンジュモクペリッパーラグラージ

自分選出:ルンパッパ、デンジュモクペリッパーカビゴン

 

⬛2回戦

相手:メレシー、ストライク、クチートトリミアンチャーレム(5匹)

相手選出:メレシー、クチートチャーレム、ストライク

自分選出:ペリッパー、ルンパッパ、カビゴンデンジュモク

 

⬛3回戦

相手:アマージョドレディアコータスチルタリスフェローチェ、ヌオー

相手選出:コータスドレディアフェローチェアマージョ

自分選出:デンジュモクカビゴンペリッパークチート

 

 ⬛4回戦

相手:エルフーンリザードンミミッキュウツロイドユキノオーコジョンド

相手選出:リザードンコジョンドユキノオーミミッキュ

自分選出:デンジュモクヤレユータンカビゴンクチート

 

⬛5回戦

相手:ウインディギャラドスワルビアルチルタリスブルンゲルハリテヤマ

相手選出:ブルンゲルチルタリスハリテヤマギャラドス

自分選出:ペリッパー、ルンパッパ、クチートカビゴン

 

⬛6回戦

相手:フェローチェトリトドンメタグロス、ホエルオー、ペリッパーハスブレロ

相手選出:フェローチェメタグロストリトドンハスブレロ

自分選出:ルンパッパ、デンジュモクペリッパークチート

 

⬛7回戦

相手:バンギラスクチートオオスバメウォッシュロトムトリトドンジャラランガ

相手選出:バンギラスクチートウォッシュロトムジャラランガ

自分選出:ルンパッパ、デンジュモククチートカビゴン

 

⬛決勝トーナメント1回戦

相手:ペリッパーラグラージワルビルオニシズクモウォーグルフローゼル

相手選出:ペリッパーラグラージワルビルオニシズクモ

自分選出:ルンパッパ、デンジュモクペリッパーカビゴン

 

⬛準決勝

相手:リザードンシャンデラジャラランガアローラペルシアンミミッキュメタグロス

相手選出:リザードンメタグロスジャラランガミミッキュ

自分選出:ルンパッパ、デンジュモククチートペリッパー

 

⬛決勝(再戦)

相手:ウインディギャラドスワルビアルチルタリスブルンゲルハリテヤマ

相手選出:ギャラドスチルタリスウインディハリテヤマ

自分選出:ペリッパー、ルンパッパ、デンジュモククチート

 

 

当日の選出回数(全10試合)

ペリッパー :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛   7

ルンパッパ :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛  8

メガクチート:⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛  8

デンジュモク:⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛ 9

ヤレユータン:⬛         1

カビゴン  :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛   7

 

 

運も立ち回りの噛み合い方も良く、全勝で優勝することでオフを終えました。RTA時もかなり運に恵まれていたと思っています。

事前準備やチャートの作成には相当の時間がかかり、また多くの方に交換でアイテムをいただくなどの協力をいただきましたが、無事結果を残すことができて安心しました。

改めて主催、スタッフの皆様、対戦して下さった皆様、お話して下さった方、そして事前準備にご協力をいただいた皆様に感謝しています。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!