シングル11・インターネット大会「しんそく!シングルバトル!!」使用パーティ

2020/3/20(金)9:00~2020/3/23(月)8:59開催の、インターネット公式大会「しんそく!シングルバトル!!」に参加しました。

結果はメインロムは30-15で最終レート1687、サブロムで22-23で最終レート1496と冴えない結果でした。考察している人はきちんとそれ相応の結果が出せていたので、考察不足だったと思います。

対戦した方はありがとうございました。

使ったポケモンの中身を書きます。

 

【メインロムで使用】

f:id:meikaizerogin6y:20200322234906p:plain

ナマコブシ@たべのこし@てんねん
どくどく・みずびたし・じこさいせい・まもる
のんき 161(244)-*-200(252)-*-152-9(S最遅)

 

大多数のポケモンに有利が取れると思って採用しました。

意外にも立ち回り精度が求められ、択合わせがしばしば発生するポケモンでしたが、無難な強さを発揮しました。

しかしレート上位帯では自然とメタを組み込まれており動きづらさを感じました。

以下戦績です。

1 ネギガナイト
2 ガオガエン
3 テラキオン ×
4 ギルガルド ×
5 ミミッキュ
6 トゲキッス
7 ミロカロス
8 ドリュウズ
9 バイバニラ ×
10 ギルガルド
11 オシャマリ
12 ラプラス ×
13 カビゴン ×
14 パルシェン
15 ガラルサニーゴ
16 ブラッキー
17 ウインディ
18 ルカリオ
19 ドヒドイデ ×
20 トゲキッス
21 エースバーン
22 ヒートロトム ×
23 ギルガルド
24 グソクムシャ
25 サニゴーン
26 ルカリオ
27 オノノクス ×
28 ヤミラミ ×
29 パルシェン
30 パルシェン
31 ヤミラミ ×
32 モルペコ ×
33 マンムー
34 クレベース
35 ドリュウズ ×
36 ガラルヒヒダルマ
37 ヤミラミ ×
38 パルシェン
39 ドヒドイデ
40 ドラパルト
41 ギルガルド
42 バルジーナ ×
43 ロトム ×
44 ルカリオ
45 ドヒドイデ
Day1 10-5
Day2 11-4
Day3 9-6
Total 30-15

 

 

【サブロムで使用】

f:id:meikaizerogin6y:20200322230733p:plain

トリトドン@オボンのみ@ねんちゃく
だいちのちから・ミラーコート・どくどく・じこさいせい
おだやか 196(76)-*-111(180)-112-147(252)-56(S個体値25)

 

・A161パルシェンの【+2】「つららばり」を「オボンのみ」の回復込みで全て最大乱数以外5発耐え

・C150ラプラスの「フリーズドライ」を最高乱数以外耐え

・A162ルカリオの「インファイト」を「オボンのみ」の回復込みで2発耐え

・最遅60族(ラプラスアシレーヌ)抜かれかつ無補正無振り35族(ドヒドイデ)抜き

 

【経緯】

・「こだわりスカーフ」を「トリック」してくるポケモンに弱くない(ヤミラミロトムミミッキュなど)

・特に数が多いと感じていたギルガルドルカリオトゲキッスパルシェンドリュウズに一方的に不利とならない

上記2点を満たすポケモンとしてヤミラミの「トリック」を恐れないようなポケモンを探したところ特性「ねんちゃく」のトリトドンが目に止まったので使うことにしました。上記のポケモンに満遍なく強いという印象で、一方的に勝てるということではないので、欲言えば幅広に、悪く言えば器用貧乏なイメージでした。

以下戦績です。

Round 相手選出 結果
1 ドリュウズ ×
2 ズルズキン ×
3 グレイシア ×
4 パルシェン ×
5 クレベース
6 ミミッキュ
7 チラチーノ ×
8 ピクシー
9 ネギガナイト ×
10 ヌオー
11 ドリュウズ
12 ゴリランダー ×
13 パルシェン
14 ロトム
15 ミロカロス
16 エルフーン
17 タチフサグマ ×
18 ドラパルト
19 シャンデラ ×
20 ラプラス ×
21 ミミッキュ
22 ポットデス ×
23 トゲデマル
24 バンバドロ ×
25 ローブシン ×
26 ネギガナイト ×
27 ドラパルト ×
28 ジュラルドン
29 ドラパルト
30 トゲキッス ×
31 カビゴン
32 トゲキッス
33 リザードン ×
34 ガラルヒヒダルマ ×
35 チラチーノ ×
36 チラチーノ ×
37 バンギラス
38 バンギラス ×
39 ランターン
40 ウッウ
41 ヤミラミ ×
42 ミミッキュ
43 ブリムオン
44 シザリガー ×
45 ルカリオ
Day1 8-7
Day2 6-9
Day3 8-7
Total 22-23

 

 

記事は以上です。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ミュウツーをたおせ!最速周回考察

f:id:meikaizerogin6y:20200301203839j:plain

2020年2月27日(木)~3月2日(月)8時59分の間、特別なマックスレイドバトルにおいて出現する「★5 ミュウツー」最速周回の考察記事です。

岡山大学ポケモンサークル様から情報提供をいただき、参考にしています。

行動に1手間加わりますが、現状この方法が最も素早く、かつ安定すると思います。

 

【構成】

f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain

 f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain f:id:meikaizerogin6y:20200301201608p:plain

 

【ホスト】
ルナアーラ@ばんのうがさ@ファントムガード
シャドーボール
おくびょう 477(238)-*-217(12)-310-250-321(248)

 

【クライアント】

ルナアーラ@ばんのうがさ@ファントムガード
シャドーボール
おくびょう 415-*-277(252)-311(4)-250-322(252)

全く同じ型を2匹用意します。

 

アローラペルシアン@ばんのうがさ@ファーコート
イカサマ・フェイント
わんぱく 281(40)-157(4)-240(252)-*-116-320(216)

 

【手順及び立ち回り】

S319以下、かつ物理型のミュウツーが出る巣穴が出る巣穴を探し、固定して周回用とします。

ホストのルナアーラは1ターン目にダイマックスし、ダイホロウを使い続けます。

それ以外のルナアーラシャドーボールを使い続けます。

アローラペルシアンは1ターン目:イカサマ、2ターン目:フェイント、3ターン目:イカサマを使います。

2ターン目終了時までに全てのポケモンが生き残っている、かつペルシアンがやけど状態でなければ3ターンで倒すことができます。仮に3ターン目で倒せなかった場合でも、殆どの場合に4ターンで倒すことが可能です。

 

【 参考】
http://qed-st-gr.hatenablog.com/entry/2020/03/01/171137

 

【その他基本的な考え方】
https://meikaizerogin6y.hatenablog.com/entry/2020/03/01/000000

 

以上です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ミュウツーをたおせ!A連打周回考察

f:id:meikaizerogin6y:20200301172641j:plain

2020年2月27日(木)~3月2日(月)8時59分の間、特別なマックスレイドバトルにおいて「★5 ミュウツー」が出現します。報酬が魅力的ですが非常に強力なポケモンで、単純に強いポケモンを寄せ集めるだけでは勝てないので、どのようにすれば安定し、素早く周回できるかを考えてみました。

結論から言うと最速安定の結論ではありませんが、手間がかからないという点においてはかなり完成度を高められたと思います。

1ターン目にダイマックスをする、という操作以外は全てAボタン連打、或いは放置していても3~4ターンで勝てるというものです。

 

【構成】

f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain

f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain f:id:meikaizerogin6y:20200301135312p:plain


ルナアーラ@ばんのうがさ@ファントムガード
シャドーボール
おくびょう 477(238)-*-216-310-250-322(252)

ミュウツーレイドを行うホストがこのルナアーラを所持しておきます。

 

ルナアーラ@ばんのうがさ@ファントムガード
シャドーボール
おくびょう 415-*-277(252)-311(4)-250-322(252)

このルナアーラを3匹用意します。

 

【手順及び立ち回り】

ミュウツーの巣穴を見つけたらレポートし、上記のパーティで挑みます。S319以下、かつ物理型のミュウツーだった場合は固定して周回用とします。1ターン目にホストのルナアーラダイマックスさせます。後は全員で覚えている技を使い続けるだけです。ホストは1ターン目にダイマックスしてエフェクトが出たらリセットし、上記のパーティで戦うことを繰り返します。特殊型であるか、ルナアーラより素早い物理型だった場合は他の巣穴を探します。

 

以下はこの構成になった理由と立ち回り考察です。

 

【組み始め】

ミュウツーは素早さが実数値最大325あるとのことです(ソース不明)。しかし実際は最速ではない個体が多いので、S320付近のポケモンであればおおよそ先制可能であると考えました。

また、ミュウツーは型が物理型・特殊型(ターン開始時シールド発生なし)・特殊型(ターン開始時シールド発生あり)の3つありますが、このうち特殊型は「ふぶき」を使い、追加効果を受けてしまうと時間がかかるどころか勝利すら危ういので、周回するにあたり特殊型を想定するのは適さないと判断しました。

物理型のミュツーを相手にする場合、「ビルドアップ」と「ダイナックル」により能力を上昇させてから攻撃されると大ダメージを受けてしまいます。そこで「ダイナックル」を無効にできるゴーストタイプでタイプ一致の弱点をつきながら戦えば比較的被害を抑えやすくなるのではないかと考えました。

条件を満たすポケモンを考えたところ、ルナアーラが最も適しているのではないかと考えました。S320付近に到達し、ゴーストタイプである、更に非常に高い種族値から強力な攻撃を繰り出しつつ、耐久力も十分です。エスパータイプを兼ね備えているためミュウツーのタイプ一致技である「しねんのずつき」も低いダメージで抑えられるなど、これ以上ない性能を持っているため採用することにしました。

 

【立ち回り及びパーティ内容】

物理型ミュウツーは1ターン目に攻撃しある程度のダメージを与えるとシールドをゲージ6で貼ります。ダイマックス技を与えるとゲージが2減ります。また1回ゲージを0にしてもう1度攻撃すると再度シールドを貼り、ゲージ6で展開されます。素早さを調整することでダイマックス技を使うタイミングをずらせるのですが、ダイマックス技を使うルナアーラが何番目に攻撃するかで以下のようにミュウツーのゲージが変動します。

ダイマックスするルナアーラのS322、他のルナアーラのS321(ダイホロウが1番目に出る)

 ・1ターン目

  ダイホロウ → ミュウツーシールド展開、ゲージ6

  シャドーボール → ミュウツーゲージ5

  シャドーボール → ミュウツーゲージ4

  シャドーボール → ミュウツーゲージ3

 

 ・2ターン目

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ1

  シャドーボール → ミュウツーゲージ0

  シャドーボール → ミュウツーシールド再展開、ゲージ6

  シャドーボール → ミュウツーゲージ5

 ・3ターン目

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ3

  シャドーボール → ミュウツーゲージ2

  シャドーボール → ミュウツーゲージ1

  シャドーボール → ミュウツーゲージ0

 

ダイマックスするルナアーラのS321、それ以外のルナアーラのうち1匹をS322、他S320(ダイホロウが2番目に出る)

 ・1ターン目

  シャドーボール → ミュウツーシールド展開、ゲージ6

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ4

  シャドーボール → ミュウツーゲージ3

  シャドーボール → ミュウツーゲージ2

 ・2ターン目

  シャドーボール → ミュウツーゲージ1

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ0

  シャドーボール → ミュウツーシールド再展開、ゲージ6

  シャドーボール → ミュウツーゲージ5

 ・3ターン目

  シャドーボール → ミュウツーゲージ4

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ2

  シャドーボール → ミュウツーゲージ1

  シャドーボール → ミュウツーゲージ0

 

ダイマックスするルナアーラのS321、それ以外のルナアーラのうち2匹をS322、他S320(ダイホロウが3番目に出る)

 ・1ターン目

  シャドーボール → ミュウツーシールド展開、ゲージ6

  シャドーボール→ ミュウツーゲージ5

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ3

  シャドーボール → ミュウツーゲージ2

 ・2ターン目

  シャドーボール → ミュウツーゲージ1

  シャドーボール → ミュウツーゲージ0

  ダイホロウ → ミュウツーシールド再展開、ゲージ6

  シャドーボール → ミュウツーゲージ5

 ・3ターン目

  シャドーボール → ミュウツーゲージ4

  シャドーボール → ミュウツーゲージ3

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ1

  シャドーレイ → ミュウツーゲージ0

 

ダイマックスするルナアーラのS321、それ以外のルナアーラのS322(ダイホロウが4番目に出る)

 ・1ターン目

  シャドーボール → ミュウツーシールド展開、ゲージ6

  シャドーボール → ミュウツーゲージ5

  シャドーボール → ミュウツーゲージ4

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ2

 ・2ターン目

  シャドーボール → ミュウツーゲージ1

  シャドーボール → ミュウツーゲージ0

  シャドーボール → ミュウツーシールド再展開、ゲージ6

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ4

 ・3ターン目

  シャドーボール → ミュウツーゲージ3

  シャドーボール → ミュウツーゲージ2

  シャドーボール → ミュウツーゲージ1

  ダイホロウ → ミュウツーゲージ0

 

上記のように、いずれのパターンでも3ターン目終了時に全てのルナアーラが倒れていなければ、シールドのゲージは0になり、次のターンに攻撃すれば倒すことができます。

しかし上記のいずれも、3ターンのいずれかでダイホロウによる2ゲージ削りを行っていません。2ゲージ以上の場合にダイホロウを当てるということを3ターン連続で行うことができれば、3ターン目の3番目の攻撃でゲージが0になればその次に倒すことができ、3ターンで倒すことが可能になります。「ニトロチャージ」や「こうそくスピン」を採用して攻撃順をずらすことができれば上記のパターンを崩すことができるのですが、ルナアーラではそれはできないため断念することにしました。

代わりに、ルナアーラの全ての素早さを同じにして、ランダム要素に頼って3ターン撃破を目指すことにしました。

・1ターン目:最初にダイホロウを撃たない:3/4かつ

・2ターン目:2番目か3番目にダイホロウを撃たない:1/2かつ

・3ターン目:4番目にダイホロウを撃たない:3/4

上記を全て満たすパターンであればゲージ1以下でダイホロウを撃つことがなく、3ターンでミュウツーを倒すことが可能であるのではないかと考えました。確率は9/32、およそ3割に満たない程度です。4ターン目の最初にルナアーラを倒すため、ミュウツーより素早い必要があるのが、S320程度必要な理由です。3ターン生き残ることを前提にしているので、物理耐久が最大となるBS振りが基本。ダイマックスするルナアーラは効率重視でHS配分としました。また、持ち物は「ばんのうがさ」とし、「ダイバーン」によって晴れ状態になってしまう炎タイプの技の威力を少しでも下げられるようにしました。

 

【改善点】

30周ほどして失敗したことは一度もありません。しかし稀にルナアーラが3ターン以内に倒れてしまうことがあります。また、ダイホロウによる2ゲージ削りが失敗するターンが2~3ターンあるパターンも当然あります。そういった事象が重なると失敗に繋がるのではないかと思います。

また、今回は「ダイナックル」を無効にすることに固執しましたが、それ以外で攻撃順を途中で変えられるポケモンによって3ターン撃破を可能にするような組み合わせも考えられると思います。

ルナアーラを採用する一番のデメリットは最速ミュウツーより遅いこと。ルナアーラより素早いミュウツーが出現した場合は巣穴をやり直さなければならないため、その点で手間が発生する点が短所です。

また、ルナアーラ自体を用意するのがとても手間です。サンムーンもしくはウルトラサンムーンで1周最大2匹のみ用意できるので非常に時間がかかります。

 

【当パーティの長所】

・素早く周回可能なパーティの中では安定している

最速3ターン、大体は4ターンで倒せるので非常にスムーズです。ルナアーラより安定するパーティの組み合わせやポケモンは色々と選択肢がありますが、安定とスピードを両立できる周回要員としてルナアーラはかなり適正が高いと思っています。

・手間が少ない

最初のダイマックス以外はAボタン連打のみで周回可能です。回復アイテムの使用も、道具を持たせなおすこともありません。ダイマックスが終わったホストはそのままロードが発生しないタイミングでリセットすれば良いので、後は放置でも構いません。

 

【後日追記】

当パーティと同じ考え方に基づき、最速周回が可能なパーティを公開したのでそちらも併せて参考にして下さい。

https://meikaizerogin6y.hatenablog.com/entry/2020/03/01/203326

 

記事は以上です。環境がある方は是非試してみて下さい!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

マホイップの型一覧

アメざいくは以下の9種類。

・いちごアメざいく
・ベリーアメざいく
・ハートアメざいく@
・みつばアメざいく
・おはなアメざいく
・スターアメざいく
・リボンアメざいく

 

マホイップのすがたは以下の9種類。

・ミルキィバニラ
・ミルキィまっちゃ
・キャラメルミックス
・ミルキィレモン
・ミルキィルビー
・ミルキィソルト
・ルビーミックス
・ミルキィミント
・トリプルミックス

 

更に、キョダイマックスが存在する。
更に、色違いまで考慮。

 

 

 

1.@
性格補正 A↓D↑
努力値 252-0-0-0-212-44
実数値 172-×-95-130-184-90
調整意図 S→4振りアーマーガア抜き抜き
技構成 マジカルシャイン/マジカルフレイム/自己再生/瞑想
比較的短めのサイクルで使用。

 

2.

マホイップ@ゴツゴツメット

スイートベール

ずぶとい

HB252、C4

(172-×-139-131-141-84)

マジカルシャイン、デコレーション、とける、じこさいせい

ダブルバトルのスタンダードに入れやすい型。
 

3.H228 C52D228 スイートベール@リリバのみ
マジカルシャイン/マジカルフレイム/自己再生/瞑想

C- 無振りドリュウズをマジカルフレイムで99.6%の乱2

HD- 余り特殊耐久最大@色違い
ガチガチの受けループ用。キョダイじゃなくて良い。

 

4.特 性:スイートベール(味方が眠らなくなる)
持ち物:リリバのみ(鋼半減)
技 :マジカルシャイン/マジカルフレイム/デコレーション/アロマセラピー
性 格:臆病(A↓S↑)
努力値:H68 B196 S244
実数値:149-72-120-130-141-126
調 整:意地っ張りドリュウズのダイスチル(アイヘ変換)耐え
    最速バンギ+2
 味 :ミルキィまっちゃ(よつばアメざいく)
ダブルバトル用。

 

5.

・マホイップ

特性:スイートベール

持ち物:リリバの実

技構成:マジシャ、マジフレ、瞑想、自己再生

育て方:穏やかH228 C52 D228

調整意図:

マジフレで無振りドリュ確2

残りで特殊耐久最大
ガチガチの受けループ用なので色違いにしなければならない。
キョダイが使えるルールで推奨。

 

6.控えめH244B252C4D4S4
@アッキ@アロマ
シャインフレイムめいそうじこさいせい

短めのサイクルで使用。

 

7.準速マホイップ抜き@たべのこし@アロマベール
@色違い@キョダイではない@6V@スターアメざいく
マホイップ限定ゆびをふる大会用。

 

8.マホイップ@ゆうかんHA@@アロマベール
@色違い@キョダイではない@6V@リボンアメざいく
ゆびをふる限定大会用。道具には様々な選択肢があるが基本的に相手を倒した方が楽しい場面が想定されるのでAベース。

 

9.マホイップ♀@ラムの実 アロマベール 控えめ
技:マジカルシャイン/マジカルフレイム/デコレーション/仲間作り
努力値 H68-C252-S188
ハート飴細工のトリプルミックス
素早さはジャラランガより1速い。

 

10.

 

11.

 

12.

 

13.

 

14.

 

15.

 

16.

 

17.

 

18.

 

19.

 

20.

 

21.

 

22.

 

23.

 

24.

 

25.

 

26.

 

27.

 

28.

 

29.

 

30.

 

31.

 

32.

 

33.

 

34.

 

35.

 

36.

 

37.

 

38.

 

39.

 

40.マホイップ@たべのこし@アロマベール
ゆびをふる

「ゆびをふる」マホイップ限定大会用。色違い、スター、非キョダイ

第36回シングル厨のつどいオフ

2020年2月1日(土) に開催された、「第36回シングル厨のつどい」にスタッフとして参加しました。

大きく盛り上がりを見せた中、とても楽しい時間を過ごすことができました。

自分の対戦戦績は予選Iブロックを4-4で予選落ち。素直に実力不足でした。。

最近自分で満足できる結果が残せておらず悔しい思いをしてばかりなので、悔しさをバネに結果が残せるように努力を続けたいところです。

パーティは知り合いからシェアしてもらうという試みを行いました。パーティ自体の完成度はとても気に入っており、今後も使いたいものでした。自分での構築記事は書きません。使った並びはコオリッポ・キョダイカビゴン・ミミッキュサザンドラギルガルドルチャブルです。。

f:id:meikaizerogin6y:20200202173259p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200202173517p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200101234657p:plain

f:id:meikaizerogin6y:20200102000414p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200202173327p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200202173623p:plain

【第36回シングル厨のつどいでの選出回数(全8試合)】

コオリッポ   :         0
キョダイカビゴン:⬛⬛⬛⬛⬛    5
ミミッキュ   :         0
サザンドラ   :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛ 8
ギルガルド   :⬛⬛⬛⬛     4
ルチャブル   :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛  7

 

主催・スタッフ並びに参加者の皆さま、ありがとうございました。

第31回やまポケオフ

2020/1/25(土)に開催された第31回やまポケオフに参加しました。

ルールはランクバトルダブルシーズン2準拠。

対戦戦績は予選3-4で予選落ち。負けた試合はどの試合も選択に公開が残るものばかりでしたので、まだまだ実力が足りていないと感じました。

使ったパーティは第49回つのオフで使用したものと殆ど中身は同じものです。詳細解説はありません。

並びとしてはバンギラスドリュウズ・ドラパルト・トゲキッストリトドンカットロトムでした。

f:id:meikaizerogin6y:20200101231342p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200101231432p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200101235031p:plain

f:id:meikaizerogin6y:20200102005416p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200202181842p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200202181915p:plain

【第31回やまポケオフでの選出回数(全7試合)】

バンギラス   :⬛⬛⬛⬛⬛⬛  6
ドリュウズ   :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛ 7
ドラパルト   :⬛⬛⬛⬛    4
トゲキッス   :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛ 7
トリトドン   :⬛⬛      2
カットロトム  :⬛⬛      2

 

オフ後の二次会も含め、楽しい時間を過ごすことができました。

主催及び参加者の皆さま、ありがとうございました。

また機会があれば是非参加しようと思います。

第19回ちゃも&びぶおふ!

2020/1/18(土)に開催された、第19回ちゃも&びぶおふ!に主催として参加しました。

もう1人の主催であるむーさんと共に、午前中は「ちゃも部門」として交流メインの時間に充て、午後は「びぶ部門」としてシングルの対戦会を行うという内容で、これまでにない試みかつ新しい世代で初めてのオフということで若干の不安もありましたが、大きなトラブルはなくスムーズに終わらせることができました。

自分の対戦戦績は予選カトレアブロックを6-3で予選落ち。パーティは強かったですが実力が伴わず。使った並びはイワークドリュウズサザンドラギルガルド・アーマーガア・ドラパルトでした。

f:id:meikaizerogin6y:20200202182544p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200101231432p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200102000414p:plain

f:id:meikaizerogin6y:20200202173327p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200102000123p:plainf:id:meikaizerogin6y:20200101235031p:plain

【第19回ちゃも&びぶおふ!での選出回数(全9試合)】

イワーク   :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛ 9
ドリュウズ  :⬛⬛⬛       3
サザンドラ  :⬛         1
ギルガルド  :          0
アーマーガア :⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛⬛  8
ドラパルト  :⬛⬛⬛⬛⬛⬛    6

納得いく結果が出るまではパーティの詳細記事は書きません。

悔しいのでもっと実力をつけて更に高みを目指していきたいと思います。

主催・スタッフ並びに参加者及び応援してくださった皆さま、ありがとうございました。