シングル・第16回びぶおふ!使用パーティ・スタンダード

f:id:meikaizerogin6y:20181113235914p:plain

 

第16回びぶおふ!で使用したパーティです。ルールはシングルレート準拠。

結果は予選シロナブロックを5-1で2位通過、決勝トーナメントを2-1で3位でした。

また、シングルレーティングシーズン10~11で調整も兼ねて使用しています。

使用したパーティの記事ですが、スタンダードな内容かつ独自の調整を施したポケモンが少ないため、解説は簡素なものです。

 

【基本コンセプト】

 

強いポケモンを強く使えるスタンダードなパーティを目指しました。

様々な相手に対応しつつ勝率を伸ばすためには高度で安定したプレイングが求められますが、今回はそれに挑戦してみることにしました。

レーティング、オフ問わず数の多いポケモンで固められており、メガシンカするポケモン以外は全ての組み合わせでの選出が可能かつ高い汎用性を持ちます。

汎用性や対面性能を維持しつつ、サイクル破壊といった「崩し」に重点を当てて構成を決めていきました。

パーティ6匹の並びは採用した順です。

 

【個別解説】

 

f:id:meikaizerogin6y:20170605000951p:plain

 

ゲッコウガきあいのタスキ@げきりゅう

ねっとう・あくのはどう・みずしゅりけん・ちょうはつ

おくびょう 147-*-88(4)-155(252)-91-191(252)

 

パーティのスタート地点。ゲッコウガというポケモンは想定しうる型が非常に多いポケモンで、パーティに採用しているだけで相手への圧力は相当なものです。

高速アタッカーであり、「ちょうはつ」を覚えることと、先制技を使えるという点がこのパーティにおいては重要な役目を持ちます。

あくのはどう」はボーマンダを選出する際に相手のメガメタグロスが重くなりがちだと感じたため採用しました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20170121173521p:plain

ミミッキュミミッキュZ@ばけのかわ

じゃれつく・かげうち・のろい・つるぎのまい

いじっぱり 131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)

 

行動保証を持ちながら「のろい」による崩しも行えるポケモンということで採用しました。

相手のミミッキュに対して後手になることを防ぎやすくするために準速としています。

「のろい」を覚えさせておけば選出して何もできなくなるということはほとんどないため、この構成が最も汎用性が高いと感じています。

相手を選ばず即時打点を叩き出すため、ミミッキュで削って他のポケモンを一貫させる、というよりは他のポケモンで削ってミミッキュで突破する、という使い方が多いです。

 

 

f:id:meikaizerogin6y:20170226232611p:plain

 

メガメタグロスメタグロスナイト@クリアボディ→かたいツメ

アイアンヘッド・じしん・れいとうパンチ・がんせきふうじ

ようき 155-197(252)-171(4)-*-130-178(252)

 

メガシンカ枠かつ鋼タイプで攻撃範囲も申し分なく、非常に強力な対面性能を持つポケモンです。 

汎用的な攻撃範囲を重視した構成ですが、特にミミッキュが「フェアリーZ」を持っていることから、隙を見せやすい炎タイプへの圧力を重視しています。

相手のメガメタグロスに隙を見せないよう最速で「じしん」を覚えさせ、同系統のパーティ相手には積極的にミラー戦を仕掛けていきます。他のポケモン全体にも同じように可能な限りSラインはしっかり意識するようにしています。

 

f:id:meikaizerogin6y:20170317185853p:plain


霊獣ランドロス@フィラのみ@いかく

じしん・とんぼがえり・がんせきふうじ・ステルスロック

わんぱく 196(252)-166(4)-150(212)-*-104(28)-113(12)

 

カプ・コケコの「Z10まんボルト」を考慮するとゲッコウガメガメタグロスではカプ・コケコに有利とはいえません。そこで電気タイプを無効にし、かつミミッキュに交代で出せるポケモンとして霊獣ランドロスを採用しました。パーティ全体でかなり不利なメガリザードンXの相手を任せることもあるため防御重視の配分です。

技については遂行のための「じしん」、ミミッキュとの対面で使いやすい「とんぼがえり」、メガリザードンの相手がしやすくなる「がんせきふうじ」、最後は炎タイプへの遂行を考え、「ステルスロック」としました。これによりサイクル戦同士になった際、自分のポケモンで相手のポケモンを崩すためのルートが組みやすくなります。

他に採用したかった技は「どくどく」で、ポリゴン2やカビゴンなど、ゲッコウガを見て選出されやすいポケモンへの対抗手段にしたかったのですが、今回は採用を見送り

、それらの相手は他のポケモンに任せることにしました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20170121173520p:plain

カプ・コケコ@マゴのみ@エレキメイカ

10まんボルト・めざめるパワー(氷)・どくどく・めいそう

おくびょう 145-*-105-137(172)-106(84)-200(252)

 

ここまでの並びだとキノガッサを苦手とし、またよく呼び込みます。そこでキノガッサの「キノコのほうし」への耐性をつけるべく、特性「エレキメイカー」を持つカプ・コケコを採用することに決めました。「どくどく」と「めいそう」を覚えさせて対特殊方面への崩しを担います。

「マゴのみ」を持たせると対面性能が飛躍的に上昇し、相性関係が逆転できることに期待して持たせました。

 

f:id:meikaizerogin6y:20170121173523p:plain

ボーマンダボーマンダナイト@いかく→スカイスキン

すてみタックルかえんほうしゃ・みがわり・はねやすめ

いじっぱり 189(148)-216(252)-151(4)-126-111(4)-153(100)

 

以前のオフでも使用したことがある、「いじっぱり」HAかつ「かえんほうしゃ」を覚えさせたメガボーマンダを 6匹目に採用しました。これはドヒドイデを軸としたサイクル戦に強く出るためのもので、鋼タイプでメガボーマンダの相手をしているパーティには突き刺さります。

ドヒドイデを「すてみタックル」2発で倒すためにAは最大、サイクル戦に参加するためにSは必要最低限に止め、耐久力も重視させたものです。

 

【感想】

メガクチートや「めざめるパワー(氷)」を覚えたバシャーモなど、パーティ全体で重いポケモンは多数存在しますが、強いポケモンの強い型ばかりを揃えているので幅広い相手と戦うというコンセプトは達成できました。

オフという限られた対戦回数での場に向いているかというと怪しいですが、ある程度の結果は出せたということで安心しています。

 

【第16回びぶおふ!での選出回数(全9試合)】

 

ゲッコウガ    :■■■■■■ 6

ミミッキュ    :■■■■■ 5

メガメタグロス  :■■■ 3

霊獣ランドロス  :■■■■ 4

カプ・コケコ   :■■■■ 4

メガボーマンダ  :■■■■■ 5

 

 

記事は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ・くすぐるカクトウZピカチュウ

2018/08/03〜2018/08/06に開催された、「Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ」用のパーティです。



ピカチュウ

カクトウZ せいでんき
きあいパンチ ねこだまし くすぐる みがわり
いじっぱり 135(196)-88(36)-91(244)-*-71(4)-114(28)


・「Zきあいパンチ」でH110-B61ピカチュウを下から2つの乱数で1発、H111-B60の場合確定1発
・A117ピカチュウの「Zきあいパンチ」の上4つの乱数+ねこだましの上5つの乱数×2の組み合わせ以外耐え ※耐えられる確率は非常に低い
・A117イーブイの【てきおうりょく】「すてみタックル」を上2つの乱数以外耐え
・C102ピカチュウの【でんきだま】「めざめるパワー地面」で130〜154
・同系統のピカチュウに少しでも先制で「きあいパンチ」撃てるよう乱数を妥協して努力値を回したSラインが114


vsイーブイ

・「ねこだまし」→相手が「しんかのきせき」持ちかを判別する。
 「しんかのきせき」持ちのイーブイははHB最大想定でHP最大162に対してB最大112に9〜11
 「しんかのきせき」でないなら20ダメージ前後と判断しH130付近の割合から判別。
・「しんかのきせき」の場合→「みがわり」→「くすぐる」→「くすぐる」→「Zきあいパンチ」
・「しんかのきせき」ではない場合→「Zきあいパンチ」

vsピカチュウ

・「ねこだまし」→「Zきあいパンチ」



記事は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

シングル・第4回真皇杯関西地区予選2・ラッキー軸サイクル+多方面メタ崩し


第4回真皇杯関西地区予選?で使用したパーティです。ルールはシングルレート準拠。
結果は予選Oブロックを3-5で予選落ちでした。
使用したパーティの内容のみ記します。




  
  



ラッキー

しんかのきせき しぜんかいふく
サイコキネシス ちきゅうなげ めいそう タマゴうみ
ずぶとい 325-*-62(252)-56(4)-157(252)-70
ガブリアス

こだわりスカーフ さめはだ
げきりん じしん いわなだれ ステルスロック
ようき 183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)
エンニュート

きあいのタスキ ふしょく
ヘドロウェーブ かえんほうしゃ どくどく ちょうはつ
おくびょう 143-*-80-163(252)-81(4)-185(252)
メガボーマンダ

ボーマンダナイト いかく→スカイスキン
ハイパーボイス だいもんじ みがわり はねやすめ
おくびょう 173(20)-*-165(116)-158(140)-112(12)-184(220)
エアームド

ゴツゴツメット がんじょう
アイアンヘッド ちょうはつ ふきとばし はねやすめ
わんぱく 172(252)-100-211(252)-*-90-91(4)
ミミッキュ

ミミッキュZ ばけのかわ
じゃれつく かげうち のろい つるぎのまい
ひかえめ 131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)



【個別調整意図】



ラッキー

しんかのきせき しぜんかいふく
サイコキネシス ちきゅうなげ めいそう タマゴうみ
ずぶとい 325-*-62(252)-56(4)-157(252)-70


・総合耐久力重視のためBD振り
・余り4をC、【+2】「サイコキネシス」でH135-D116メガゲンガーを2発



ガブリアス

こだわりスカーフ さめはだ
げきりん じしん いわなだれ ステルスロック
ようき 183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)



・最速、AS極振り
・余り4をB



エンニュート

きあいのタスキ ふしょく
ヘドロウェーブ かえんほうしゃ どくどく ちょうはつ
おくびょう 143-*-80-163(252)-81(4)-185(252)


・最速、CS極振り
・「ダウンロード」でAが上がるように余り4をDでD>B



メガボーマンダ

ボーマンダナイト いかく→スカイスキン
ハイパーボイス だいもんじ みがわり はねやすめ
おくびょう 173(20)-*-165(116)-158(140)-112(12)-184(220)



・最速115族(アグノム等)抜き
・「だいもんじ」でH145-D91メガルカリオを1発
・「みがわり」のHP効率化のためH4n+1かつ「みがわり」を使った後、A200【テクニシャン】【-1】キノガッサの「がんせきふうじ」を最高乱数×2以外2発耐え
・余りD



エアームド

ゴツゴツメット がんじょう
アイアンヘッド ちょうはつ ふきとばし はねやすめ
わんぱく 172(252)-100-211(252)-*-90-91(4)



・HB極振り
・余り4をS



ミミッキュ

ミミッキュZ ばけのかわ
じゃれつく かげうち のろい つるぎのまい
ひかえめ 131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)



・A最大、準速
・余り4をH



【第4回真皇杯関西地区予選2での選出回数(全8試合)】



ラッキー    :■■■■■■ 6
エンニュート  :■ 1
ガブリアス   :■■■■■ 5
メガボーマンダ :■■■■ 4
エアームド   :■■■■■■■ 7
ミミッキュ   :■ 1



記事は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

第4回真皇杯東海地区予選

2018/7/2(日)に開催された、第4回真皇杯東海地区予選に参加しました。
対戦の結果は予選カプ・テテフブロックを4-3で予選落ちでした。
これで真皇杯本戦に進出する権利を獲得するチャンスは、オンライン予選Bとラストチャレンジを残すのみとなりました。最後まで諦めずに頑張ります!
オフは独特の空気の中行われ、様々な方とお話でき、大きなトラブルも無く全行程を終えられて楽しい時間を過ごせました。
また是非東海地区にも遠征等で様々なオフに参加していきたいと思います。
主催、スタッフの皆様、対戦して下さった皆様、お話して下さった方、ありがとうございました!
引き続き真皇杯をよろしくお願いします。

第4回真皇杯関西地区予選?

2018/7/1(土)に開催された、第4回真皇杯関西地区予選2に参加しました。
対戦の結果は予選Oブロックを3-5で予選落ちでした。
新しいことに挑戦してみようとしましたが空回りしただけに終わりました。もっと知識・実力を付けてから環境に切り込んでいきたいと思います。。
オフは多くの参加者の中大いに盛り上がりを見せ、見応えのある試合がたくさんあり刺激を受けました。
二次会も含めて非常に楽しい時間を過ごすことができたと思います。
主催、スタッフの皆様、対戦して下さった皆様、お話して下さった方、ありがとうございました!
引き続き真皇杯をよろしくお願いします。

第4回真皇杯北陸地区予選

2018/6/24(日)に開催された、第4回真皇杯北陸地区予選に参加しました。
対戦の結果は予選プラターヌ博士ブロックを2-3で5位、予選落ちでした。
パーティの完成度、実力、噛み合いなど何をとっても反省点しか見つからないので大人しく実力不足を認めてまた精進します。。
オフは非常に和やかな空気の中行われ、サイドイベントの「偽王杯」も行われました(予選を通過できなかった対戦参加者及び見学参加者が参加可能なトーナメント。そちらは4-0で優勝でした)。
二次会でも地方独特の雰囲気で盛り上がらせていただき、大いに楽しむことができました。
また是非北陸地方のオフへ遠征しに行きたいと思います。
主催、スタッフの皆様、対戦して下さった皆様、お話して下さった方、ありがとうございました!
引き続き真皇杯をよろしくお願いします。

シングル・第4回真皇杯北陸地区予選使用パーティ・メガクチート軸崩し特化

第4回真皇杯北陸地区予選使用パーティです。ルールはシングルレート準拠。
結果は予選プラターヌ博士ブロックを2-35位、予選落ちでした。
使用したパーティの内容と配分意図のみ記します。




  
  



メガクチート

クチートナイト いかく→ちからもち
じゃれつく ふいうち はたきおとす つるぎのまい
いじっぱり 157(252)-157(140)-145-*-130(116)-70
ポリゴン2

しんかのきせき ダウンロード
トライアタック シャドーボール サイコショック トリックルーム
れいせい 187(216)-*-112(12)-170(236)-121(44)-58
ゲッコウガ

きあいのタスキ げきりゅう
ねっとう あくのはどう みずしゅりけん ちょうはつ
おくびょう 147-*-88(4)-155(252)-91-191(252)
ジャローダ

ノーマルZ あまのじゃく
リーフストーム はかいこうせん めざめるパワー(炎) みがわり
おくびょう 151(4)-*-116(4)-125(236)-117(12)-181(252)
ガブリアス

ラムのみ さめはだ
げきりん じしん ほえる つるぎのまい
ようき 183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)
ヒートロトム

こだわりスカーフ ふゆう
オーバーヒート 10まんボルト ボルトチェンジ めざめるパワー(氷)
ひかえめ 125-*-127-172(252)-128(4)-138(252)



【調整意図】



メガクチート

クチートナイト いかく→ちからもち
じゃれつく ふいうち はたきおとす つるぎのまい
いじっぱり 157(252)-157(140)-145-*-130(116)-70


・C155ゲッコウガの「ハイドロカノンZ」耐え

・余りA、【+2】「じゃれつく」でH177-B183カプ・レヒレを下2つの乱数以外で1発



ポリゴン2

しんかのきせき ダウンロード
トライアタック シャドーボール サイコショック トリックルーム
れいせい 187(216)-*-112(12)-170(236)-121(44)-58



・最遅
・【げきりゅう】ゲッコウガの「ハイドロカノンZ」を最高乱数以外耐え
・【かたいツメ】【+1】A200メガリザードンXの「フレアドライブ」耐え
・【+1】「サイコショック」でH184-D86ウルガモスを下2の乱数×2以外で2発



ゲッコウガ

きあいのタスキ げきりゅう
ねっとう あくのはどう みずしゅりけん ちょうはつ
おくびょう 147-*-88(4)-155(252)-91-191(252)


・最速、CS極振り
・余り4をB



ジャローダ

ノーマルZ あまのじゃく
リーフストーム はかいこうせん めざめるパワー(炎) みがわり
おくびょう 151(4)-*-116(4)-125(236)-117(12)-181(252)



・最速
・H奇数かつD>Bとなるように調整し余りC



ガブリアス

ラムのみ さめはだ
げきりん じしん ほえる つるぎのまい
ようき 183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)



・最速、AS極振り
・余り4をB



ヒートロトム

こだわりスカーフ ふゆう
オーバーヒート 10まんボルト ボルトチェンジ めざめるパワー(氷)
ひかえめ 125-*-127-172(252)-128(4)-138(252)



・C最大、準速
・余り4をD



【第4回真皇杯北陸地区予選での選出回数(全5試合)】



メガクチート  :■■■■ 4
ポリゴン2    :■■ 2
ゲッコウガ   :■■■ 3
ジャローダ   :■■■ 3
ガブリアス   :■ 1
ヒートロトム  :■■ 2



記事は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!